日々の健康維持に!くわ茶の嬉しい健康効果

桑の葉に含まれる成分は、食事で摂った糖質が小腸から吸収されることを遅らせる効果が期待できます。 ですので、普段の食事で不足しがちな鉄分や亜鉛を含んだ桑の葉茶は、日々の健康維持をサポートできるんです。 その他にも、気仙沼くわ茶は「たくさんの人に安心して飲んでもらいたい」という思いから、無農薬栽培・無添加製法にこだわっております。

桑茶通販の専門店気仙沼くわ茶です。有機JAS認定無農薬栽培桑の葉100%のオーガニック健康茶。

HOME > くわ茶とは?

有機JASオーガニック認定取得 桑の葉100%の健康茶。

気仙沼くわ茶の嬉しい6つの健康効果

1 日々の健康維持に

桑の葉に含まれる成分は食事で摂った糖質が小腸から吸収されることを遅らせる効果が期待できます。 普段の食事で不足しがちな鉄分と亜鉛も含んだ桑の葉茶は日々の健康維持をサポート。

2 おいしく鉄分補給

コーヒーや緑茶に含まれる『タンニン』は鉄の吸収を阻害しますが、桑茶にはタンニンが含まれません。美味しく飲んで鉄分補給もできる「気仙沼くわ茶」は食事のお供にもおすすめです。

3 いつもスッキリ快調

気仙沼くわ茶・パウダータイプは食物繊維を多く含みます。「毎朝おなかスッキリ!」「お肌がキレイなった!」とお客 様から喜びのお声をいただいてます。

4 ベルトがキツくなった?

脂っこい食事や、不規則な食生活が続き、気がつけばお腹まわりがキツクなっていませんか? 「美しくスリムな生活をおくりたい」そんな方の健康サポートに気仙沼くわ茶おすすめです。

5 安心のノンカフェイン

桑の葉茶は嬉しいノンカフェインで妊娠中のママさんや小さいおこさまにも安心してお飲みいただけま す。オヤスミ前に美味しい桑の葉茶でリラックスタイム。

6 オーガニック桑葉100%

厳しい基準をクリアしたオーガニック(有機JAS)認定の桑の葉100%です。食への意識が高い方 にも自信をもっておすすめします。

ご購入はこちら




大切に、大切に育てた桑の葉だから美味しいんです。

三陸地方というと、みなさん「漁業」のイメージをお持ちでしょう。
実は同地方、肥沃な土壌のおかげで良質な桑が良く育ち、古くは養蚕が栄えた地域だったことをご存知でしょうか?「桑」と名がつく地名が多いのは、その名残があるためです。
しかし数十年前から安価な外国産シルクの流通が増えたことにより養蚕は衰退。
今では桑農家はほんの数軒だけ。高齢化もあり手入れのされていない畑も多く残っています。

その中で50年以上も前から「水」と「土」にこだわり、桑の無農薬栽培を続けている協働農家・斉藤農園さんは、気仙沼市内の山手に日当たりの良い美しい桑畑を構えています。
斉藤さんの畑に使う「水」は天然ミネラルを豊富に含んだ鹿折金山跡地の小川からポンプでひいてきた水です。
この水は天然ミネラルを豊富に含むと評判が広がり地元のみならず遠方からわざわざ汲みにくる方がいるほどの名水「黄金水」として知られています。

私たちは「自然のもので自然の美味しさ」を引き出すことを大切にしています。
「水」はもちろん、畑の「土」も並々ならぬこだわりを持っています。


斉藤農園で飼っている牛に米ワラを踏んでもらい、それを細かく裁断した木のチップと一緒に肥料用のサイロに入れます。
それを約半年間も熟成させ自然のチカラだけで発酵した有機肥料を畑に作っています。
牛の体重で踏むのがベストな圧力になるということで斉藤農園では約50年前から手間隙のかかるこの手法にこだわっています。
桜のつぼみがほのかに色づく春先、そうして作った有機堆肥を畑の土とよく混ぜ合わせ、酸性、中性、アルカリ性のバランスが良い土に耕します。
混ぜ方には長年、畑と向き合い無農薬・有機栽培にこだわる職人の勘が必要です。

日当たりの良い斜面に広々と広がる美しい畑で、天然ミネラル水をたっぷりと吸い上げお日様の光をたくさん浴びて、のびのびと育った無農薬栽培の桑の葉たち。
気仙沼港が初鰹の水揚げで活気付く初夏に、ご近所のお母さんやおばあさんが楽しくにぎやかな笑い声を響かせ、やさしく丁寧に手作業で摘みとっていきます。

井戸端会議ならぬ「桑畑会議」の場があることで、ご近所同士の繋がりと親交がより深まり地域コミュニティーの活性化にも繋がっているんですよ。
東北の冬の訪れは早いです。風が冷たい11月には来年の収穫にむけ枝の剪定を行います。


無農薬の桑の葉栽培にこだわるには一年中畑と向き合うことがとても大切です。
山々が紅葉で赤く色づく秋には「来年も良い桑が育ちますように」という願いを込め、枝を同じ高さにきれいに剪定します。
また風通しを良くし日光がよくあたるよう要らない雑草や下草を丁寧に丁寧に刈りとります。この手間のかかる作業により害虫の発生を防ぐことができ無農薬での栽培が可能になるわけです。

気仙沼くわ茶に使用している桑葉は「気仙沼産」と「南三陸町産」を絶妙にブレンドし「石巻市」の工場で当店独自の製法で精製します。
こちらの工場は震災前までは主に他県の緑茶精製をしておりましたが、震災による甚大な被害により、その緑茶農家さんは廃業を余儀なくされ結果として工場の稼働率も激減していました。

工場をまったく稼動しない日々が続いたその時に、素晴らしいご縁をいただき「気仙沼くわ茶」の精製をお願いすることができるようになりました。
気仙沼・南三陸・石巻とも東日本大震災では甚大な被害にあいましたが、チカラを合わせて桑の葉茶を新たな産業として確立し、地域の復興の一助になれれば幸いです。


近年、海を育てるには森や林を育てる必要性に注目が集っております。
私たちが無農薬栽培にこだわることで、地面をとおして小川に流れ出る水もキレイなままそのキレイな水は山からの豊かな栄養素をたっぷり含み海に届きます。
その水と栄養素が美味しい海の幸を育むことにも繋がっているのです。

こうして、たくさんの方々の想いをこめた「気仙沼くわ茶」その栄養成分はもちろん、お味の良さにみなさん驚かれます。
自然の良いものだけを凝縮したほのかな甘みと上品な香りが特徴で「緑茶より美味しい!」「お抹茶のような風味!」というお声もいただいております。

保存料・着色料・化学調味料等の添加物は一切入っておりません。
ノンカフェインでお子さまや妊娠中のママにも安心してお飲みいただけます。
古くは神と仙人の茶「神仙茶」と呼ばれ、薬膳漢方として珍重された桑の葉茶。
美しい緑には現代に暮す人たちに嬉しい健康効果がたくさんつまってます。
「気仙沼くわ茶」を毎日飲んで健康で美しく暮らしましょう!



カテゴリから探す